Top | Log-out | RSS | CSS
カテゴリ:音楽・映画( 3 )
Tomorrow
ミュージカルは見たことないけど、昔からこの歌が好き。
力強い歌声と希望に満ちた歌詞に心打たれます・・・

「アニー ~Tomorrow~」

朝がくれば トゥモロー
いい事がある トゥモロー
明日 夢見るだけで トゥモロー
辛いことも忘れる いつか

寂しくて ゆううつな日には
胸を張って歌うの オー

朝がくれば トゥモロー
涙の後も 消えてゆくわ
トゥモロー トゥモロー
アイ ラヴャ トゥモロー
明日は幸せ

歌声はこちらで見られます
[PR]
by hisapon86hamupon | 2011-04-19 11:35 | 音楽・映画
おくりびと
9/13から公開となった「おくりびと」。今とても気になっている映画の一つだ。
この映画で初めて、「納棺師」という職業があることを知った。

今までの私だったら、こういった暗いイメージの映画は決して「見たい」と思わなかったな。今こんなにも身近に感じられるのは、祖父のことがあったからなのかな・・・。
身近な人を亡くし、なにもかもが初めてだった昨年。
そのなかでも深く印象に残ったのは、“納棺の儀式”であった。
ご遺体を整え、旅立ちの衣装をつけて棺に納める。
このような作業を専門に行うのが納棺師の仕事。

納棺師 ― それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれるひと。

人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと――。
あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか? そしてどう“おくられたい”ですか?
---------------------------------------------------------------------
「おくりびと」の音楽を手がけるのは、私が最も敬愛する映画音楽の名匠“久石譲”さん。
一足先にサントラCDを取り寄せ聞いてみたが、やはり彼はすごい。
曲を聞いているだけなのに、胸が熱くなって自然と涙が溢れ出てしまった。

「おくりびと」オリジナルサウンドトラック
久石譲 / / UNIVERSAL SIGMA(P)(M)


[PR]
by hisapon86hamupon | 2008-09-24 21:14 | 音楽・映画
ALWAYS 最高~
11/2の金曜ロードショーで「ALWAYS 三丁目の夕日」が放送されました。

舞台が昭和33年ということは私の父が10歳、母が5歳の頃の話なので、ちょうど一平や淳之介と同じくらいか・・・。
両親は今回初めてこの映画を観たそうで、劇中に出てくるブラウン管・冷蔵庫・家具・看板・ミゼットなどもとても懐かしんで観ていたとのことです。

当時まだ産まれていない私ですが、何度観ても温かい気持ちになり心の底から泣ける作品です・・・。
一平役の小清水一揮くん、淳之介役の須賀健太くんの演技は本当にすばらしい!

セブンイレブンで見つけた「ちびっこチョロQ」368円と「ダイハツ ミゼット」945円。
勢いで買ってしまいました(^^;
f0065233_2251421.jpg

ちなみに、チョロQは「トヨペット クラウン」でした。
[PR]
by hisapon86hamupon | 2007-11-12 22:57 | 音楽・映画



ずぼらのダラダラぶろぐ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30